2018年06月22日

再びGP4000SⅡへ

山岳グランフォンドを前に、タイヤを交換。
先日、海外通販で購入したグランプリ4000SⅡ。

何か、見た目が綺麗になっているように感じた。
サイド部分のモロモロの出てくる部分が、滑らかに目立たなくなっているみたい。
接地面もなんとなくモチット感が増したような感触だが、これは表面のコーティングのせいかもしれない。

取り付けは、比較的スムーズにいった。
前回もそうだったような気がする。
少なくとも、Vittoria corsa とは大違いのはめやすさだ。
チューブは、SOYOラテックス。
この組み合わせは、以前にも試したことがあるが、良い印象が残っている。
c11.JPG
空気圧を標準推奨の7.5にして、5~60km走っての受けた感想は、予想に反してなめらか。
CORSAに比べて、ゴツゴツ感を覚悟していたのだが、それほど気になるレベルでは無かった。
また、良い意味でグリップ感がライトに変わったのも良い感じだ。
Corsaが粘るような感覚とすると、かなり軽快な取り回しになった。
グリップ以外にも、軽さも影響しているのかもしれない。
(2~30gの差がわかるのかはどうかは?だけど。)
個人的には、GP4000SⅡのほうが、好みに感じる。
今シーズンは、このタイヤで乗り切ることになるだろう。

ちなみに、外したCORSAは5部山程度。
前後ローテーションもしていたので、だいたい均等レベル。
予備のホイールに付けようと思っていたが、トレッド面を見てちょっとびびってしまった。
溝に沿って、縦に亀裂が入っているみたい。
g+.JPG
避けているというか、トレッドのゴム面に深いヒビがはいっているようだ。
4000kmくらいは走っているので、そろそろ寿命が近付いているみたい。
パンクリスクは高まってくると思うが、もったいないので、もう少し使ってみようと思う。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 19:15| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

ピナレロ プリンス 予約

昨日、ピナレロ プリンスFX を予約。
1週間、いろいろと熟考して、やっぱりこのタイミングで買うことに決めた。
yoya.JPG
早期割引もそうだが、先日の落車事故も決断を後押しした。

潤沢な予算が準備できているわけではないので、目下の悩みは、Di2化かNEWホイールかの選択。
Di2は納車時に作業するのが効率的で、
希望条件から試算した結果、バラ完よりも完成車からの電動化のほうがコスト効率も良いことがわかった。
ホイールは、予算内であれば、メーカー在庫次第で納車に間に合わせることができる。

ちなみに、シマノの値上げ時期を考慮すると、シマノ製品にするのであれば、今月下旬までには決めておきたい。

といいつつ、バイクの納期予定を聞いてびっくり。
PINARELLO PrinceFX ULTEGRA の初便は、6月下旬日本着らしい。
この便で配荷されれば、7月には納車の可能性もある。
「年内に納車されれば…」くらいに思っていたが、悠長に構えている場合ではなくなった。

うーん、いろいろ詰めなければならないことが目白押し。
何より早々に、家人に説明しとかないといけないなぁ。

ps.朝見れたPINARELLOのHPの2019モデルのページが、見れなくなっているけど、どうしたのだろう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 20:00| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

はじめての海外通販

申し込んでから1週間と一日、海外から荷物が届いた。
初海外通販、もちろん初wiggleである。

申し込みはいたって簡単、日本語で入力もできたので不安はほぼなし。
支払いは、ペイパルを使用。
プリペイドと迷ったが、ペイパルを使ってみたかったので、ちょうど良い機会だった。

送料無料で申し込み、到着予定は2週間後だったが、予想以上に早く到着。
梱包も、商品も問題なし。
セールで安かった上に、バウチャーも使えたので、とてもお得に買うことができた。
ちなみに、税金は追徴されなかった。
wiggle.JPG gp4000s2.JPG
買った商品は、Continental Grand Prix 4000S II。
以前、問い合わせのチャットまでした商品とは違う定番品。
半年ちょっとぶりに再会である。

今使っているVittoria corsa G+ も使い心地は悪くなかったが、リピートするほど気に入るには至らなかった。
少しだけ、好みがずれているというか、好き嫌いの問題。

2週後には山岳グランフォンドが控えているので、手堅くコンチにすることにした。
ところでこのGP4000SⅡ。
以前履いていたものとは、見た目が何か違う感じがする。
ゴムにつやがあるというか、綺麗というか、柔らかな(もちっとした)感じがする。
悩まされたモロモロ?も、出てくる気配が無い。
まだ使ってないけど。

いきなりの本番は怖すぎるので、今週末に履き替えて、軽く走りこんでおこう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 20:45| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

ピナレロ2019カタログ 拝見

梅雨の晴れ間ライドの帰りに、お世話になっているショップに立ち寄った。
目的は、ピナレロ新車情報。

早速、カタログを見せてもらう。
すでに発表されているドグマに続いて、話題のモデルが登場。
結構インパクトある。
いつものことながら、好き嫌いの問題はあるが、なかなかに魅力的なラインナップ。
f10y.JPG←こちらはF10
発表会のときに撮ってこられた写真を見せてもらいながら、実物を見た感想やいくつかの情報をいただく。
やはり、実際に見聞きした生の話は、魅力的&説得力?がある。
こうなることはわかっていたことではあるが、ニューモデルの虜になってしまった。

早速、購入資金の算段、算段。
欲しいのはやまやまだが、はたして、望みどおりのパッケージで購入することができるのだろうか、予算的に。

しばらくの間、アレコレと考える日々が続きそうだ。
コレもまた楽しい一時。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 20:00| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

梅雨の晴れ間に。

梅雨の晴れ間を逃さずに、近郊ライド。
田舎に住んでいると、直ぐに山に行けるのが嬉しい。

リハビリが早く終わったので、久しぶりに大正池方面に出かけてみた。
雪が降る前に上ったきりなので、半年以上ぶり。
土砂崩れで通行止めになっていたらしいが、一応、和束まで開通していた。

マイペースで上り始めるが、ほどなくしてハイケイデンスのローディーにぶち抜かれた。
ハイケイデンスに倣ってしばらく追走するも、徐々に置いていかれる始末。
持久力不足なのかもしれない。

和束に入る前で通行止めの看板が出ていたが、どうやら迂回路が設定されているらしい。
看板を理由に一息できたので、ラスボスの上り区間は難なくクリア。
いつものことだが、頂上を越えると、「もう少し追い込めたなぁ」と思ってしまう。
いかん、いかん。

大正茶畑.JPG
下りに入って、いつもの絶景ポイントで一休み。
天気も回復していて、良い眺め。

裏大正池をゆっくりと下って行くと、麓付近で迂回路の案内が出ていた。
集落の生活道をぐるりと回って、上り口の近くで合流。
コレでは、裏大正池のTTは、まだしばらくできそうも無さそうだ。

和束からはのんびりと下って、加茂、奈良市街と抜けて、、、
目指したのは、いつもお世話になっている自転車店。
ピナレロのニューモデル情報を聞くのが目的だ。

カタログ以外にも、発表会のときの写真や生の情報があるとのこと。
ネットでも情報が漏れ聞こえてきているが、
実際に見てきた人の話に勝るものは無かろうて。
楽しみ、楽しみ。

後半へつづく。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 19:00| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

PINAあめ

ピナレロ 発表会で配られたという‘あめちゃん’。
飴pina .JPG pina 紙コップ.JPG
試乗会のときの‘紙コップ’にも嬉しくなったが、
この飴のほうが手がこんでる。
今度、ショップをのぞくまで、残っているかな?
甘い話には棘がある。
ほんわか気分になって、勢いで予約なんてことにならないように注意しよう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 20:26| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

奈良盆地一周シクロラリー その3

実行委員会から、今回のイベントの完走率が発表された。

140km(実質150km)コースは57.3%!?
「山岳グランフォンドin吉野」のスーパーロングを凌ぐ完走率の低さ。
吉野山の御朱印ポイントへのコースがハードだったため、タイムアウトが続出したとのこと。
確かにあのタイミングでのあの登りは、結構堪えた。
楽しめたけど。

saka1.JPG  御朱印.JPG

参加者が100名程度だったようなので(ゼッケン受付から推測)、それなりにコースを理解しての申込みだったと思うのだが。
8時スタートで、17時30分ゴール締め切りの9時間30分。
多めに見て、各エイドで30分&チェックポイントで10分休憩したとしても、アベレージ20km/時ペースくらいか。

もともとこのイベントのロングコースは、GF吉野に比べて走りやすいコースが設定されていたが、
年々ハードになってきた感じがする。
大和高原を縦走するだけでは物足りないという意見が出たのだろうか?
その分、ビギナー向けのファンライドコースも設定され、参加しやすさは増した感じがする。
参加者の層が厚くなってきたからなのか?

次回も乞うご期待とのことだが、はたしてどの方向に向かって行くのだろう。
よりハードになって行くのかな?
まずは、スタッフの皆様ご苦労様でした。
&来年も、期待しています。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング

posted by bit3 at 20:08| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

奈良盆地一周シクロラリー その2

吉野の登りに差しかかる頃には、なんとか足は回復していたが、またいつ来るかと不安だった。
チェックポイントは金峯山寺、御朱印をいただくのがミッション。
近鉄吉野駅を過ぎてからは曲がりくねった上り区間。
激坂は無いが、そこそこ距離があり、このタイミングでは堪えた。
元気ならヒルクライムが堪能できたであろう登り道を、28Tでのろのろと上った。
幸い、足はピリッと来ることはあったが、攣るには至らなかった。
今度は、足が残っているときに上ってみたい。

御朱印をもらうのは、初めての体験。
汗をかいたジャージ姿、しかもヘルメットにグローブという失礼な姿でも、とても愛想良く話をしてくださった。
記帳いただいている最中に、慌てて、ヘルメットと帽子、グローブを取った。失礼しました。
お参りしてスタートで聞くと、トップは2~30分くらいまえに通過していったという。
もう、追いつくことは無いだろう。
ちょうどコースに出たところで、後続の一人がやってきた。
金峰寺.JPG

吉野から3rdエイドまでの区間は、当初ハードな山越えが想定されていたが、コース事情から変更されていた。
奈良に向かう道としては、比較的楽なコースが引かれていたが、道に明るくない御所~明日香方面を抜けなければならない。
前々回のイベントでは、この区間で道に迷って、酷い目にあった。
ガーミン25Jの簡易ガイドを頼りに走るも、案の定道に迷ってしまった。
とはいえ、直ぐにリカバリー。
25Jの簡易ナビも使えるじゃん。
明日香を抜けると、あとは市街地の平坦道のみ。
3rdエイドでゼリーとバナナをいただいて、最終スティントへ。
それにしても、おなかの調子がしっくりこない。

ここからゴールに向かう道のりは、そこそこ走りなれたエリア。
まだ幹線道路の渋滞は酷くなっていなかった。
どこかでルートを変えてみようと思っていたが、走りやすかったので、結局、奈良サイまでコース通りに走った。

ゴールは16時過ぎ。
チェックを終えて、完走証をもらった。
御朱印帳が記念品を兼ねていたので、今年はサコッシュはもらえなかった。
受付のスタッフの人が、実はまだ御朱印を見たことが無いというので、手帳を開いてお見せした。
何でもこの御朱印帳、サイクルジャージのポケットに収まるサイズを結構探して手配されたとの事。
まだまだ記帳できるページがたくさんあるので、これから始めてみようかしら、と少しだけ思った。
スタッフの皆さん、ご苦労様、ありがとうございました。

ところで、今回のイベントで得た当面の課題。
・持久力アップ
 筋力の回復よりも、持久力の回復のほうが遅れているみたいだ。
 今回、後半は体の動きが鈍くなり、ペースは尻下がり、何とかせねば。
・ガーミン25Jの活用
 データ表示やコースには大きな不満はないが、バッテリーが家まで持たなかった。
 今回、GLONASSオフ、各種センサーオン、ブルートゥースオフで実質8時間半程度。
 落ちるまで使って、あとはSTRAVAに切り替えるか?

さあ、次は「山岳グランフォンドin吉野」。
今年はコース変更があり、より登りが堪能できるらしい。
(コレまででも十分、堪能しているけどね。。。)
1ヶ月きったので、コンディションアップ、がんばるぞ!

おわり



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング
posted by bit3 at 21:00| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

奈良盆地一周シクロラリー その1

奈良シクロラリー140kmコース 参加してきました。

ケガからの復帰1番目のイベント、何とか間に合った。
週末に少しずつライドをのばして、それなりにコンディションを整えてきたつもりだが、
それでもリハビリは実質80kmライドまで。

走り終えた感想は、気持ちは万全だったが、体はまだ回復途中。
特に、1ヶ月とはいえ全く乗れていなかった時期もあり、持久力が落ちているのを感じた。
もう少し走りこまないと、次の「グランフォンド吉野」が心配だ。
sikurorari-2018.JPG

suta-to.JPG

前半の柳生への上りは快調。
セカンドグループの最後尾でスタートしたが、信号の兼ね合いもあり、
トップグループの集団に追いついた。

1stエイドでは、パンをいただく。ここのパンは美味しい。
また、別イベントで来場されていた「片山右京」さんに出会えた。
一緒に写真を撮ってもらいたかったが、人混みに押されたのと、ちょっとした勇気がなく断念。
奈良のイベントでは良くお見かけするので、次の機会にTryしよう。

トップグループから2~3分遅れでスタート。
ここから室生ダムのチェックポイントまでには長い下り区間があり、
一緒にスタートした何人かにおいていかれる。
下りは苦手だ。

チェックポイントから2ndエイドまでは、緩急の少ない道のり。
室生ダム湖畔で一緒になった人と、宇陀サイクリングロードを快走。
2ndエイドでは、たこ焼きと柿の葉すしをいただいた。
チョットおなかの調子が良くない。
ここでもトップグループと一緒になるが、体調がいまいちに感じたので、無理せず5分遅れでスタート。
中途半端にスタートしたので、一人旅となった。

津風呂湖手前のトンネルで脚が攣る気配。
だましだまし行きたいと加減していたが、ほどなくして、右足、左足と順番に激痛が襲ってきた。
たまらずストップ。
2runを飲むのを忘れていたので、ここで1袋。
毎度ながら、足が攣って止まっているときは情けない気分になる。
後から誰か来たら一緒に行こうと休憩していたが、しばらく待っても誰も来なかったので出発。

吉野までの道のりは、まだ遠い。

つづく



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング
posted by bit3 at 21:00| ロードバイク | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

PINARELLO 2019年モデル(の噂)

pinarello 2019 モデルの、関係者向けローンチが始まっている。
一般発表は、6/18とのこと。

世界的にもまだオープンにされておらず、日本は早いほうだというから、
ピナレロにとっては、日本市場はまだ、なかなかのものなのだろう。

店頭では、一部の車種をカタログで見ることができ、
早期予約も受け付けているとのこと。

早期予約っていったい、、、ま、だいぶ慣れたけど。
でも、一般発表の前に申し込むなんて、よっぽどのピナレロ信者でないとできないと思う。
pins box.JPG

気になる情報をかいつまんでみると、
F10はすでに発表済みで、ニューカラーがラインナップされる。
Princeのモデルチェンジがあるらしく、目玉の一つ?
GANシリーズもラインナップを絞ってモデルチェンジ継続らしい?
Di2完成車があるらしい??
カラーが派手になるらしい??
などなど、気になる噂がネットには漂っている。

ま、店頭でパンフ見せてもらえば、すべては判明するのだろう。
お世話になっているショップにも届いているのかな、カタログ。

週末に、それとなく覗いてみよう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング
posted by bit3 at 20:05| ロードバイク | 更新情報をチェックする