2010年09月13日

F1イタリアGP 決勝



F1イタリアGP決勝。

“勝たなければならないところで、勝つべくして勝った”と言った感じの、力強い走りを見せてくれた「アロンソ」。
ピット前後の攻防はさすがの圧巻でした。
「バトン」がよかっただけに、引き立て役になってしまって気の毒。
一時は、来季の開発にシフトした!?との噂も出ていたフェラーリですが、
ここのところの復調ぶりには、ひょっとしたらの巻き返しを期待させられてしまいます。

逆にいまひとつスッキリしなかったのはレッドブルの2人。
「ベッテル」は奇策ともいえるピット作戦で4位は立派なれど、トラブルの原因は?とか。
予選も不明瞭なままで沈んでしまったし、不安の種はくすぶったまま。
しかし、『このままノーピットでフィニッシュしたら、どんなペナルティになるのか』といらぬ心配までさせられた作戦は、「ロズベルグ」のオーバーテイクとあわせて、終盤の見せ場になってくれた。

「ウェバー」もランキングトップには返り咲いたものの、「ハミルトン」とは僅差。
走りでは不運が付きまとったけど、「ハミルトン」のアクシデントに助けられた感じ。
でも、こういうことが結果的には効いてくるのだから面白い。

さて、GPは再びアジアへやってきます。鈴鹿も1ヶ月を切りました。
いやがおうにも、盛り上がってきましたね。






posted by bit3 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック