2017年04月28日

ELITE(エリート)Sior EVO カーボン+チタニウム ボトルケージ~②

ELITE(エリート)Sior EVO カーボン+チタニウム ボトルケージ
その② 使ってみてわかったこと

一目ぼれで、衝動買いしたボトルケージ、ELITE(エリート)Sior EVO。

このボトルケージ、一見、華奢なつくりで、ボトルのホールドも、ガッシリではなくポイントで支えるタイプ。
手でゆすると、明らかにぐらつくけど…。
エリート製のプラボトルの使用に関しては、走行中の異音もなく、ホールド性に問題はでていない。
pinabotol.JPG

ただ、使用するボトルとの相性があるようで、CAMELBAK(キャメルバック)はサイズの問題からか、使えない。
無理やり押し込むことは出来るが、ライド中に「スッ」と取り出すことは不可能なキチキチ感。
ケージのアーム部分を広げれば何とかなるかとも思ったが、ちょっと難しい感じで、断念。
「ボトルの保持力と、斜め方向からのアクセスのしやすさを兼ね備える~アジャスタブル・システム」搭載。
しかしながら、ボトルサイズへのフレキシブルな対応は苦手らしい。

さらに、HPの商品説明には、こんな注意書きが。
「ボトルの保持力を重視した製品ですのでボトルの形状や素材によっては取り出しにくい場合があります。
特にサーモボトルやクリア素材のボトルによくあるような硬い素材のボトルの場合はご注意ください。」

保冷/温タイプのボトルでも、エリート製だと使えるので、微妙なサイズでの差別化が図られているのかも知れない。
あとは、ボトルの材質(やわらかさ)との相性次第かな。
要は、エリートのボトルを使いなさい、と言うことなのだろう。
(エリート製でも、一般タイプのボトルでないと、おそらくダメだと思うけど。)

ただ残念なことに、使用しているエリートの保冷タイプは、お世辞にも機能性が高くないようで、すぐに温くなってしまう。
昨年の夏場はなんとか我慢したが、今シーズンは何か対策をしたいところである。

冷たいドリンクは、コンビニか自販機での都度調達に任せて、ボトルは緊急用に「水」対応と割り切るのも有かも知れない。

見た目で選んだボトルケージ。
ホールド性や汎用性を考えたら、樹脂製の一般品のほうが良かったかもしれない。
しかし、惚れちまったものは仕方ない。
ま、ここは、機能性よりも気持ちを優先して、もうしばらく、お付き合いさせていただこうと思う。

~おわり~ ELITE Sior EVO カーボンボトルケージ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パワープロダクション CCDドリンク粉末 42.5g×10袋
価格:1329円(税込、送料別) (2017/4/27時点)


  







posted by bit3 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449413429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック