2017年05月05日

DURA-ACE WH-9000 C24 ハブ破壊 ~その②

いつもお世話になっているショップにて。

「あの~、ちょっと、ホイールの具合見て欲しいんですけど」
いつものように、ふらりと寄った感を出しながら、出来るだけ普通にもちかける。
が、心中は、どのような診断が出るか不安いっぱい。

wh900-habu.JPG

「メンテしようとして、ちょっと失敗したみたいで。ネジをダメにしてしまったみたいなんです…」
早速見てもらうこととなったが、なんとなく様子がおかしい。

片方にアーレンキー、不具合のほうはモンキーレンチ風の工具で加えてまわすも、きつく締まりすぎていて外れないみたい。
『ものすごくきつく締まっているわぁ。どうやって締めたん。』
といわれるも、もちろん記憶は無い。
以前ばらしたのは、半年くらい前。
締め付けの際は、いつも体重をのせてググッと締めていたので、これが締めすぎの原因だったのか?
外れないことには、修理も進まないので、最終手段として、万力状のものに固定して、まわしてみることに。
“カキン”と小さな音とともに、やっと開封できた。

割れていたボルト部分は、やはり、ハブ軸と引っ付いている側だった。
ここをバラして部品交換するのは、お勧めでないということもあったので、ユニット交換することとなった。
反対側は、幸いにも、継続使用に問題ない状態。

『「デュラ」クラスのホイールだったら、そんなに頻繁に開けなくても大丈夫。ルーティンメンテも、年1でいいよ。』
と、やんわりとアドバイスいただく。
確かに、素人のなんとやらで、ついつい好奇心からいじってしまうけど、度を越してしまうと痛い目にもあうわけですな。

結局、ハブ軸ユニットの交換だけで、無事修理完了。
前後ともに、ハブ調整とフレ取りもお願いしたので、これで当分はメンテの心配もいらないだろう。

そういえばもう随分前になるが、スプロケがはずせなくなって、持ち込んだこともあった。
そのときも、締め付けすぎが原因だったと思う。
どうも、締めすぎてしまう傾向があるみたいだ。
注意、注意。
簡易トルクレンチでは限界があるので、そろそろちゃんとした工具をそろえないといけない。

ま、今回の出費も勉強料ということで、今後に生かしていければOKである、とポジティブに考えることにする。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



  


posted by bit3 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック