2018年07月05日

山岳グランフォンドin吉野 2018 その3

野辺川エイドは、このコース一番のグルメエイドとして評判。GFYnobe.JPG
豆腐に豆乳、そうめんに、おにぎりに柿の葉寿司、きゅうり漬けに梅干、から揚げにパンにおはぎまで、地元の食材を生かしたグルメが食べ放題!
ここでのイチオシは、にんにくおにぎり。
好き嫌いがわかれるところだが、個人的には年に一度、ここでしか味わうことのできないお気に入りである。今年もあってよかった。
結局全種コンプリートしたうえに、にんにくおにぎりとそうめんをおかわり、さらにバナナをぱくついてひと息。
なんぼでも食べられそうだったが、これからの上りを考えると、食べすぎだったかもしれない。
忘れず2RUNを飲んで、9:20過ぎに出発。結構ゆっくりしてしまった。

ここからしばらくは新設区間で、厳しめの上り坂が続いた。
山頂付近に給水所が設けられているそうだ。

スタートしてほどなく、登りが始まった。
路面は悪くないが、かなり早い段階から勾配がきつくなってくる。
「平均10%くらいだが、実際に走ると15%くらいが延々と続くように感じる」というアドバイスは本当だった。
とにかく休む場所が無く、上り坂が延々と続いて行く。
いつの間にか、坂と格闘するローディーの行列が、山中の道に出来上がっていた。
歩いたほうが早いのではというくらいのノロノロで続く強行軍。
たまに、横をすり抜けてグイグイと上って行く人がくると、明らかにレベルの差を感じてしまった。
終盤は斜行を織り交ぜながら、なんとかピークポイントを通過。
足に余裕は無かったが、激しい攣りは来なかった。
すばらしい眺めを横に見ながら、下りが始まった。
しかも、結構急な下り坂。
下りが苦手なだけにバンバン抜かれてしまったが、全く余裕は無かった。
もっと練習しなければと痛感。

若干の下りや上り返しを挟んで、この区間の上りラストポイントである第3給水所へ到着。
コースマップには無かったが、ここにポイントを作ってくれていてほんと、助かった。
冷たいドリンクとバナナ、バナナ、塩バナナ。
ここから先の下りは、路面状況が悪く、細心の注意が必要とのアドバイスをもらう。
覚悟はしていたものの、想像以上の強烈な下りが始まり、完全にビビリながらの走行が続いた。
砂利に落石に穴にグレイチング。
上るも地獄、下るも地獄、、、
どっちを選ぶかといわれたら、上りかなと思うくらいの嫌な下りだった。

何とか無事に見覚えのある幹線道路まで下って、天川エイドを目指した。
この平坦に見えて地味にアップダウンが繰り返される区間、なんか地味に効いてきた。

結構消耗して、天川エイドに到着。
エイドに到着するなり聞こえてきたのは、リタイヤ組みへのバスの案内アナウンス。
「機材は別便で先にゴールに送るから~」といった内容だった。
すでに何らかの理由でリタイヤを余儀なくされた人達が、何人かいたみたいだ。
スーパーロングの赤ゼッケンを付けたバイクに、青ゼッケンのバイクも乗せられていた。
トラブルか、ひょっとして、タイムアップ?
ここではじめて、‘足きり’というルールを思い出した。
現時点で、12:20前。
天川エイドの関門時間は13:00!?
気にしていなかったが、なんかやばいペースなのか?
とはいえ、エイドで休足&補給しないと、このまま走り出すのは無理な状態だった。
周りの情報を聞きながら、まずは補給補給。gfy6.JPG
柿の葉寿司に、おにぎりに、フルーツにわらびもち。
かき氷もあったが、おなかの様子もあったのでスルー。
そしてバナナ、バナナ、バナナ、塩バナナ。
自分なりに急いだつもりだが、10分チョットは休憩した感じ。
2RUNを1包飲んで、コース復帰した。
ここまでで、約100km。
ゴールまでは、約60km。
ただこれから、難所といわれる「五番関」が待ち構えていた。

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  


ロードバイクランキング
posted by bit3 at 21:00| ロードバイク | 更新情報をチェックする