2017年05月22日

「めがねローディー」の憂鬱 アイウェアが気になる季節 ~③

「めがねローディー」はやめられない?

見た目のカッコ良さ(自己満足)と実用性から、あれこれトライしている「めがねローディー」のサングラス対策。
ただ、毎回のライドにコンタクトを使用するには至っていないのが実情。
理由は…。
なんといっても、面倒くさい。
日常生活が眼鏡なために、コンタクトをはめるという行為がとても面倒くさく感じられる。
いつも使っているのではないので、慣れの問題が大きいのかもしれないが、改善の兆しは無い。
朝起きて、コンタクトはめて、朝練に出かけるなんて、考えただけでも億劫で憂鬱になる。

ということで、メガネスタイルと、サングラス(コンタクト)スタイルは、併用されたまま。
6割以上の頻度で、「めがねローディー」が登場するのである。
zoff.JPG

このような状態が続いているので、ライド時にかける「メガネ」にも、自然と要望が出てくる。
なんか、本末転倒な気がするが、長年「めがね野郎」で過ごしてきただけに、まず「メガネ」ありきなのである。
ただ、スタイル(見た目)は追わないとしても、改善したいポイントはいくつかある。

・風を巻き込まないこと:冬などは、赤目になってしまう。あと、スピードの出る下りでもつらい。
・ずれにくいこと:前傾が続くと、どうしてもズレ気味に。視界が確保できなくなることも。
・扱いやすいこと:汗による劣化や、水洗いにも強いとありがたい。

通常使用している「メガネ」はいわゆる日常生活用であり、オーソドックスな域を超えるものではない(社会人だし)。
ここに、ロードバイクのための機能を盛り込むと、なんとも中途半端なものにしかならない。
コストは極力かけたくないが、せめて、スポーツ向けのメガネが欲しくなる。

ということで、探してみたのが「ゾフ・アスリート(Zoff ATHLETE )」というスポーツタイプのメガネ。
基本金額は7,000円(+追加レンズ代)。
レンズの薄さや色を求めると、結構いい値段になるが、それでも2万円は超えない。
ということで、ためしに作ってみた。

使用した感想は。。。
予想以上にイイ!
あくまでも個人的な感覚でしかないが、風の巻き込みは通常メガネ比30%減、ライド中のズレもかなりおさえられている。
視界は、コンタクト使用時には遥かに及ばないが、それでも20%以上は広くなった感覚。
フレームは気になるが、通常使用のメガネよりはレンズが大きいのが、見やすさにつながっているみたいだ。
調光もカラーも不安だったので、レンズはクリアタイプ。
「メガネ」であることには変わりないが、明らかにライド時のストレスは減っている。
ロード専用の「サングラス」(アイウェア)とは別物と割り切れば、持っていて損は無いアイテムだと思う。
ちなみに、残念なポイントを挙げるなら、軽量フレーム使用とはいえ、重たいこと。
レンズの重さがダイレクトに影響するため、如何ともしがたいところではある。

このようなことがあり、今シーズンも「めがねローディー」は健在なれど、昨年とは一味ちがうスタイルに。
「サングラス」が必要なときは「ソフトコンタクトレンズ+サングラス」スタイル。
ちょっとしたライドや、気分次第で「スポーツめがねローディー」スタイル。
TPOにあわせて、華麗に変身である。

先日、眩しさ対策として、サイクルキャップを2つも新調してしまった。
スポーツメガネ+サイクルキャップ、この組み合わせも重宝しそうである。

これでますます、「めがねローディー」はやめられなくなってきたみたいだ。

おわり


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  


ゾフ・アスリート(Zoff ATHLETE )
posted by bit3 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

「めがねローディー」の憂鬱 アイウェアが気になる季節 ~②

「ソフトコンタクト+サングラス」でやってます。

「めがねローディー」のサングラス対策。
現状は、ソフトコンタクトレンズ+サングラス での運用がメイン。

運用費用は、ソフトコンタクトレンズは、SEEDのものを使用で、30個入りの両眼で5,000円程度。(診察込)
これだけで、半年は持つので、思っていたよりはリーズナブル。

サングラスは、OGKカブトのビナートXを使用。
bina-to.JPG

小ぶりのレンズで顔にフィッットし、風の巻き込みが少なく、使い勝手も良い。
ノーズパッドとテンプルの調整は出来ないが、フィット感は良く、使用中にズレることは無い。
難点は、フィットしているためか、レンズが曇る事があるのと、見た目のチープ感。
レンズの“曇り”についてはヒルクライム後や、ライドの休憩時で起きることが多い。
ただ、コンディションによっては、信号待ちなどの小休止時にも曇り始めることがあり、ちょっと厄介。
どちらも、走り始めるか、しばらく経つと回復するが、“曇り止め”を施しておいたほうがベター。
また、最近(2シーズン使用)になって、テンプル耳部分のゴムが劣化してきたのと、レンズのハマリが甘く(外れやすく)なった。
見た目のチープさは、ま、値段なりというか仕方ないところではあるが、フレーム、レンズともに、アップグレード欲が沸いてくる。

ソフトレンズとの相性は良いようで、今のところ大きな問題は起きていない。
風の巻き込みが少なく、埃が入ったこともなく、飛ばされたことも無い。
良く使うのはレッド系のレンズ(晴れ~曇り用)。
これだと、通常の照明のついているトンネルなら、かけたままでも問題ない。
必要に応じてサングラスをはずせるのが、コンタクトにするメリットのひとつなのだが、出番はほとんど無いのが現状。
ま、お店に入ったりするときに、サングラスをはずせるのが、ありがたいことかな。

今のところの「めがねローディー」のサングラス対策は、こんな環境。
全くの問題なしではないが、妥協できるレベルに落ち着いている。


その③につづく。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  



ビナートX
posted by bit3 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

「めがねローディー」の憂鬱 アイウェアが気になる季節 ~①

「めがねローディー」のアイウェア対策

日常生活に無くてはならないもののひとつ、それは“眼鏡”。
もちろん、ロードバイクに乗るときも、基本はメガネスタイルである。
「めがねローディー」にとって付きまとう問題であり願望といえば、サングラス(アイウェア)。
シーズンが始まるこの時期、いつも迷いが出てしまうが、スキッと解決できずのままなのが現状。
今シーズンの基本方針は、どうするか?
利便性と、物欲と、予算のバランス調整が始まる。
bina-to.JPG

眼鏡環境は、近眼(左右0.1以下)で乱視アリ。
眼鏡を作るときは、迷わず、小さめのフレームで極薄レンズを選ばないと、牛乳瓶の底状態になってしまう。
過去に、コンタクトレンズ(ハード)の経験があるが、相性は良くない。

これまでの「めがねローディー」アイウェア対策はこんな感じ。

◆眼鏡+オーバーグラス◆
スキー用に購入した「スワンズ(SWANS)」のオーバーグラス。
○良い点:扱いやすい。眼鏡がそのまま使えるので、見え方(度数)の違和感が少ない。
●悪い点:重たくなる。耳の部分が痛くなる。見た目がゴツイ感じ。携帯しづらい。
すぐに装着でき、扱いも楽だが、装着感は悪い。ずれてくるし痛いしで、長時間の使用には不向き。
見た感じも、スマートさからはほど遠く、はっきりって格好悪い。
いまだに手元にはあるが、登場機会はほとんど無い。 

◆ハードコンタクト+サングラス◆
ドライビング時のサングラス対策の組み合わせで、一時期使用。
当時は、乱視対応はハードレンズのほうが長けていたので、こちらを購入。
○良い点:視野が広がる。サングラスが選べる。
●悪い点:目に違和感を伴う。コンタクトレンズのケアが面倒くさい。
サングラスは、キャノンのロゴの付いた一眼レンズだった。(当時はやっていたモノ)
ハードコンタクトレンズとの相性が悪いようで、長時間の使用がつらい。
使用中にズレたり、はずれたりする危険性も高い。
ロードバイクでの使用は、風や埃の問題もあり、ハードコンタクトレンズは安心して使用できないので、すぐに運用断念。

◆ソフトコンタクト+サングラス◆
使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用している方の話を聞いてトライ。
乱視にも対応しており、スポーツ時使用も問題なくこなせるらしい。
○良い点:視野が広がる。ハードに比べ違和感が少ない。
●ランニングコストが高くつく?
ソフトコンタクトレンズにして良かったのは、長時間使用しても、それほどストレスが無いこと。
使い捨てなので、扱いは楽だが、常用すると、中長期的にはコスト高になる可能性がある。
サングラスは、「OGK kabuto」 の ビナートX
使い心地は良好である。

今のところ、『ソフトコンタクト+サングラス』での運用に落ち着いている。
が、「めがねローディー」スタイルでのライドのほうが圧倒的に多い。

ライド中の快適性はコンタクトに分がある。
しかし、出かけるまでの準備と帰ってからの手間から、どうしてもコンタクトは億劫に感じてしまう…。

このあたりが、どうにも煮え切らないのが「めがねローディー」の現状である。


その②につづく。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

  



ビナートX
posted by bit3 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | 更新情報をチェックする